生徒さんのレッスン日記2022.3.23

今日は6名の方のレッスンでした。午前中と夕方以降にわかれていたため、昼間の時間を使って発表会会場の下見に行くこともできました(下見の様子は⇒こちら)。

***

Aさん:3ヶ月ぶりの通学受講でした。旧タイプのSuper64Xの調子が悪いとのことで見させていただきました。
カスタムをされたようで、カバーとリードプレートは64Xでしたが、ボディはSuper64シルバーとゴールドのモデルでした。リードプレートとボディの相性が悪く、リードプレートの隙間から息漏れしていることが鳴りにくい原因のようでした。
他にもたくさんリードプレートをお持ちとのことだったので、すべて送っていただいてボディに合うものをこちらで見繕って調整させていただくことになりました。

Bさん:ご愛用の旧Super64Xを落下させてしまったらしく、マウスピースを止めているネジが2本とも根元で折れてしまったとのことでした。幸いボディに残ったネジは2本とも取り除くことができ、他に不具合もなかったようなので、予備のネジでご対応いただくことになりました。
ハーモニカの落下にはくれぐれもお気を付けください。

Cさん:演奏中に足裏を意識していただくようにお伝えしました。
足裏を浮かせず床にべったりと付け、膝は90度もしくは、少し体の内側に曲げる感じのどちらか向いている方を選んでいただくようにしました。
つま先の向きは外股、内股になりすぎることなく、平行またはそれに近い方が最初のうちはよいかと思います(私は今でも平行に近いです)。
足裏をその人に合った位置に修正することで、体幹が使いやすくなるそうです。
また、上半身はどうすれば良いかとご質問いただいたので、骨盤を立てること(無理に背筋を伸ばそうとせず座骨を均等に椅子の座面に突き刺すイメージ)などをお伝えしました。慣れてくれば、背筋は気持ちよく伸びながら湾曲しても大丈夫です。

***

他にも、Dさんはシリウスとグレゴアのバルブを交換して欲しいとのことで持参され、今日は楽器のトラブルが多い日でした。重なるときは重なるようです。

今日受講されたみなさん、お疲れ様でした!