生徒さんのレッスン日記2022.4.20

今日は5名の方のレッスンでした。お二人の方が通学受講されました。

***

Aさん:発表会に出ます!とのことで、演奏されたい曲をかなりがんばって進めておられたようでした。短期間で一気にテンポを上げようとするとリズムが崩れてしまわれる方も多いのですが、Aさんはリズムもきっちりと演奏できる状態を維持しておられました。
テーマ部分はだいぶ余裕を持って演奏ができておられるので、レガートに演奏することやダイナミクスをつけることを、これから意識して練習をしていただければと想います。

Bさん:ご自身のYouTubeチャンネルに演奏動画を投稿したいとのことで、レッスン時間中にレコーディングをしました。これまでもいろんな曲の録音をしてきましたが、以前に比べるとミスもだいぶ減ってきて、今回は2テイクのみの録音でした。動画の完成が楽しみです。

Cさん:オーディオインターフェイスを導入した方がよいのか、というご質問をいただきました。CさんはiPadでオンラインレッスンを受講されているのですが、基本的にApple製品の内蔵マイクは質がよいので問題なくオンラインレッスンで使用できると思います。こちらの方に聞こえる音をよりよくしたい場合は導入を検討されてもよいのですが、現状では内蔵マイクでも問題ありません。それよりも、リスニング環境をよくされた方がよいと感じたので、スピーカーの導入をお勧めしました。最近の曲集はカラオケ伴奏がYouTubeで提供されているものも出てきているので、パソコンやタブレット、スマートフォンでのリスニング環境は重要になってくると思います。Cさんにはそのようにお伝えしておきました。

***

木曜クラスで4年間受講してくださっていたDさん、今月上旬に体調を崩されていて心配していたのですが、今日ご本人からお電話をいただきました。退院はされたもののお声は少し元気がなさそうでした。残念ながらハーモニカは当分難しいとのことで退会されることになりました。
Dさんは山陰地方にお住まいなので直接お会いしたのは数回ですが、主催されるイベントに何度か呼んでくださって同行した家族にも温かくもてなしてくださったり、娘が中学に入学するときはとても喜んでくださってお祝いを送ってくださり、恐縮しつつもDさんの温かいお心遣いに感激したことが思い出されます。
ハーモニカも毎回とても楽しんでくださっていて、私もDさんのレッスンは毎回楽しくさせていただいていたので、本当に残念でなりません。
Dさんのご快復を、心よりお祈り申し上げます。

今日レッスンを受講されたみなさん、お疲れ様でした。
ゴールデンウィークにはオンラインイベント、そして7月には3年振りの発表会もあるのでがんばっていきましょう!