当連載は、私がレッスンで使用しているメモをまとめたものです。続けて読んでいただくと入門テキストになります。短い練習曲も公開しています。
初心者の方はテキストとして、経験者の方は復習教材としてご利用いただければ幸いです。

前回記事→こちら

低音域・高音域のトレーニング

高音域の練習

高音域は口の中の広さが特に重要で鳴りに影響しやすいです。意識してみると鳴らしやすくなることがあります。
舌を下げながら奥へ引いて口の中の領域と上あごとの高さをキープします。

練習No.27

練習No.28

チェックポイント
「8va」は1オクターブ高い音で演奏するという音楽記号です。
12番吸いでスライドレバーを押すと、高い「レ」の音が出ます。12番だけは、替え指の「ド(シ♯)」にはなりません。