徳永延生先生の教室の発表会に出演しました。
2年ぶりくらいになると思うのですが、毎回スケジュールが合わず参加ができずにいました。
場所も、以前のライブハウスから音楽ホールに変わっており、私にとってははじめての会場でした。

午前中は生徒さんのレッスンだったので、3部がはじまる少し前に無事到着。
娘と一緒に、みなさんの演奏を楽しませていただきつつ、出番を待ちました。
約2年前の前回に引き続き、オリジナル曲での出演でした。
今回は、以前アコーディオンの長坂さんとコラボさせていただいた「戻らない日々」のソロバージョン。
もともとの速度よりかなり速いテンポでしたが、2コーラス目はアドリブで吹くつもりだったので焦ることもなく、一流のミュージシャンのみなさんとの演奏を心から楽しませていただくことができました。
普段DTMを中心に演奏活動をする私にとって、生演奏での本番はとても貴重で楽しいものです。
演奏中、要所要所でピアノがメロディを意識したフレーズを弾いてくださり、ドラムが刻むリズムに感動し、本当に楽し過ぎる時間でした。
私がアドリブソロを終えてピアノにソロをお願いしたとき、ちょうど目線の先にいらした師匠が大きな拍手をくださっていてうれしかったです。
あとで、「テンポがかなり速かったけど、しっかりノってアドリブできていてとてもよかった」とお褒めの言葉をいただきました。

みなさんの演奏は3部しか聞くことができませんでしたが、どの演奏も本当に素晴らしく勉強になりました。
DTMをされる方も増えてきたのか、オリジナル曲での出演も増えているようでとても興味深かったです。音系イベントに共同出店したらおもしろいかもしれません(笑)。
ロビーや打ち上げのときに、久しぶりにお会いできた方もたくさんいらしてうれしかったです。
また、ブログやYouTubeを見てくださっている方、私の書籍を買ってくださった方などからもお声がけいただきました。本当にありがとうございます。
DTMをされる方からは名刺代わりに音源をいただきました。音系イベントみたいで好感を持ちました。

次回は冬の開催のようですが、スケジュールが合うことを祈るばかり。もし出演ができそうだったら、新しく曲を描きたいと思っています。
徳永先生をはじめ、会場でお会いしたすべてのみなさんに感謝御礼を申し上げます。