先日、レッスンの時に生徒さんから「これさえやっておけば絶対上達する!というような、鉄板の基礎メニューはクロマチックハーモニカにありますか?」というご質問をいただきました。
私も、初心者の頃はそういうものがあるのではないかと考えてみたり、ロングトーンやスケール練習に求めてみたのですが、ある時、自身に合った基礎練習は技量や目指すことの変化で常に変わっていくということに気づきました。
これ一つだけ食べておけば一生健康に生きられるというような食べ物やサプリがないのと同じことだと思います。
何事もバランスが必要ですし、その時々の自身の状態によって必要なものも変わってくると思います。
一言でスケール練習と言っても、内容は様々だと思います。
ある人はドレミファソラシドかもしれないし、またある人はディミニッシュスケールかもしれません。速さやメトロの設定(裏打ちなど)も違うかもしれません。
今の自分に必要な練習を見極めることもまた、経験とそれによって培われる才能なのではないかと思います。
よろしければ参考になさってください。
(現役受講生のみなさんには、その方の性格やお好みも踏まえて、目的に合わせたお勧めの基礎練習をご提案しています。お気軽にお尋ねください。)

注) レッスンに通われている方は、先生のご指導の下で練習に励んでください。独学の方におかれましても、あくまで参考とし、ご自身にあった方法で練習を進めてくださいますよう、お願いいたします。