昨日、「新Super64の試奏と感想」という記事を投稿したところ、たくさんの方からSNSなどにコメントをいただきました。
やはり、みなさん非常に関心のある話題であるということを改めて感じました。ありがとうございました。

一つ、記し忘れていたことがあるので追記しておきたいと思います。
それは、マウスピースに関することです。
本体をマウスピースを上向きにして置いたとき、マウスピースの高さが旧型よりも高くなっている??ような印象を受けました。
咥える部分のカーブも少し尖っているのでしょうか?!旧型とは少し咥えたときの感覚が違うように思いました。(画像下段右)
詳しいことはわからないのですが、このマウスピースの高さの違いは、吹き心地(唇からリードまでの距離を遠く感じた)にも影響するのでしょうか。また、前回記していた、マウスピース内側の開口部の広さの違いの影響もどうなのでしょうか。
丸穴の部分のカッティング??が旧型と少し違っているのではないかとおっしゃっている方もおいででした。
個人的に、良いか悪いかは判断できない部分もありますが、このマウスピースの形状の違いは多少なりとも吹き心地や音に影響するのではないか?!と思っています。

いずれも個人の感想なので、購入を検討される方は商品を手にとってご自身で確認してくださいますようお願いいたします。

すでに旧型をお持ちの方で今後も新品の旧型が欲しいという方は、もしかしたら多少違う点はあるかもしれませんが、現在も製造されている同社製クロモニカ280を購入し、カバーをすでにお持ちの旧型に付け替えるという方法で新品??を手に入れることができると思います(シルバーのみ)。
基本的に、ボディ部分は旧型(エックス以外)とクロモニカ280は同じのはずです。

以上、参考にしていただければ幸いです。