私がかつてWindowsのパソコンを使っていたときのこと、YouTubeに投稿するための動画はWindowsに標準装備されていた「Windowsムービーメーカー」というソフトを使っていました。
とてもシンプルでありながら、用意した画像や動画と音源を合わせてタイトルなどの文字入れができ、画像が切り替わる際のアニメーションなども選ぶことができるのでとても便利でした。私の様に、映像系ソフトの知識がなくても簡単に扱うことができました。
私が確認したところ、Windows7には標準装備されており現在も使用できるようです。Windows10では少し前までは公式サイトからダウンロードして利用することができたようですが、そのサポートが今年1月に終了し、今は非公式サイトからはできるものの保証はないようです(不具合が起きたり、セキュリティホールのリスクが伴うなど)。
私が数日前に調べた範囲では、後継になるアプリのリリース予定は特になさそうです。
先日、滋賀のY先輩からこの件に関するご質問のメールをいただき、はじめてWindows10でWindowsムービーメーカーが装備されていない、サポートも終了したということを知りました。
Macの方はiMovieという、Windowsムービーメーカーとほぼ同等のことができるアプリが標準装備されているので問題ないのですが、Windows10での動作が保証されていて、他の人にも安心してお勧めできる様なものがないか探しています。
フリーソフトでいくつか見つけたのですが、パソコンの操作に不慣れな方でも扱うことができ、安全性や動作保証もクリアできるものは今のところ見つかっていません。
毎週投稿していたYouTubeの「DTM超入門講座」でもWindowsムービーメーカーで動画を作る方法を取り上げるつもりでしたが、ストップしたまま、、。困ったものです、、、。