ある生徒さん、細かいフレーズがなかなかうまく演奏できず苦戦されていました。
普段は吹き吸いをしっかりお腹(腰?!)でされる方なのですが、必死になるあまりなのか口先で吹き吸いをしてしまっている印象でした。
「吹き吸いはお腹でしてください。」とお声かけすると、それまで吹けなかった箇所がスムーズに吹けるようになり、音色もきれいになりました。
ご本人は驚かれたようで「先生、スゴイ!」とおっしゃったのですが、私も一言ですぐ修正された生徒さんの方がすごいと思って同じことを言おうとしたところでした。
普段できていることでも、他のことに必死になると忘れてしまうと言うことがあるのだと思います。
一呼吸おいて基本に立ち返ることも必要なのかなと思いました。

注) レッスンに通われている方は、先生のご指導の下で練習に励んでください。独学の方におかれましても、あくまで参考とし、ご自身にあった方法で練習を進めてくださいますよう、お願いいたします。