クロマチックハーモニカ奏者の南里沙さんのブログを読んでいると、教室の生徒さんの使用楽器について書かれていました。(該当記事⇒こちら

気になったので私もさっそく調べてみることにしました。
在籍者数48名中(個人レッスン)、結果は下記の通りでした。(2017.6.9現在)

  • HOHNER 31名 64%
    Super64X 9名(うち、漆モデル1名)18%
    Super64Gold 3名 6%
    Super64(Silver)  16名(うち、漆モデル1名) 33%
    クロモニカ280 3名 6%
  • スズキ楽器 17名 35%
    ファビュラス 5名 10%
    シリウス 9名 18%
    グレゴアモデル 1名 2%
    SCX 2名 4%

以上のような結果になりました。
複数お持ちの方が半数以上なのですが、メインで使用されていると思われるものをカウントしています。

新規ご入会の方で楽器をお持ちでない場合はクロモニカ280かSuper64(Silver)をお勧めしているのですが、280の方は持つときに角が気になるかも、ということで後者を選ばれることが多いです。
そして64Silverを選ばれた方が、2台目として64Xを購入されるパターンが多くなるようです。
クロモニカ280を選ばれた方は、比較的早い段階で違う上位のモデルにシフトされることが多く、使用率が低くなっているのだと思います。

また、2台目を購入される際、それまでの機種と違う出会いを求められる場合に、シリウスを選ばれることが多いようです。価格的に手が届きやすく、HOHNERとはまた違った個性を求めることができることが理由ではないかと思います。12、14、16穴が用意されており、ラインナップの多さも魅力かもしれません。

そして、ファビュラス使用率はかなり高い方なのではないかと思いますがどうでしょう?
ちなみに、現在注文中の方もお一人いらっしゃるので、近々64Silverからファビュラスにシフトされます。
ファビュラスと言えば高級機種(定価17万円〜)なので、高級機種=上級者というイメージがあるかもしれませんが、当教室ではハーモニカ歴半年の方がある日突然注文されたり、新規入会の方がファビュラスをご持参だったりと、経験年数ではなくお好みで選ばれることが多いのではないかと思います。

以上、「生徒さんの楽器を調べてみた件」(←某深夜番組風)でした。(興味深い記事を書いてられた里沙ちゃんに感謝!)