2月に受験していた、*MIDI検定2級2次試験に合格していました。2回目のチャレンジでした。
1次の筆記試験にパスしたのが2年前、直後に受けた2次の実技試験は、打ち込みの経験不足と検定独自のルール?!がわかっておらず失敗でした。
今回は絶対に合格したかったし、受験するためには数名の生徒さんに時間の変更をお願いしなければならず、これ以上ご迷惑をおかけすることはできないというプレッシャーもありました。
なので、今回はMIDI検定の認定講師の資格を持っておられる先生のレッスンを2回受講し、予習もして万全の状態で臨みましたが、プログラマー時代に思わぬ落とし穴に苦しんだ経験もそれなりにあり、ずっと不安を抱えていました。

今日、ようやくその不安から解放されて本当にうれしいと言いますか、ホッとしたというのが正直なところです。
次の目標は、今年中に4〜2級の認定講師の資格を得ること!
それから、1級の受験については、鍵盤楽器もできず幼少期の音楽経験のない私には厳しいのかなぁとも考えているのですが、一度先生に相談してから決めるつもりです。
とりあえず、これで一歩前進できそうで本当にホッとしました。
お世話になったK先生と、レッスン時間の変更にご協力くださり「がんばってくださいね!」と暖かな言葉をかけてくださった土曜クラスのみなさんに心より感謝御礼を申し上げます。ありがとうございました!

*MIDI:音楽情報を効率良く伝達するための規格。MIDIの演奏情報とは、楽器演奏の要素となる「音の高さ、大きさ、長さ」と音色や効果 を、数値化(記号化)したものです。 検定については、「ミュージッククリエイターの育成」を目的とし、MIDIだけでなくオーディオも含むパソコン上での音楽制作全般についての内容が出題されています。

***
これから受験される方へ
個人的には、打ち込みに慣れておられる方でも、認定講師の先生のレッスンを1回でも受講されておくのがよいように感じました。部分的にでも、練習問題を添削してもらえればなおよいです。(あくまで個人の意見です。自力で合格されている方もいらっしゃるのではないかと思います。)
また、試験本番では、完成させたデータを楽譜にしてプリントし、目視でのチェックもできるとよいです。私自身はこれでいくつかミスを見つけることができました。