少し前の話なのですが、地域のイベントで小学校3年の娘と共演をしました。
ピアノとハーモニカのデュオ演奏です。
普段、プロのギターやピアノ奏者の方と一緒に演奏することがほとんどなので、どうしてもリズムが揺れがちになる娘との演奏は違う意味で緊張しました。
桜にちなんだ曲や、子どももよく知っている曲を選んだのですが、思ったよりも中高年層が多かったです。
3曲演奏させていただき、何とか大きな事故もなく無事に終えることができました。
娘は、地域の方や学校の先生にお褒めの言葉をいただいてうれしそうにしていました。
今回、楽譜は私が娘のためにすべて編曲して描いたのですが、何分ピアノの経験がないので、どういう譜割りにすれば弾きやすいのかということがわかりません。(単に音数が少ないだけではダメみたいだったので。)娘のピアノの先生にアドバイスいただきながら仕上げ、勉強になりました。
本番は普段の演奏とは違う緊張感がありましたが、楽しく演奏することができました。地域のみなさまに感謝です。
PAを担当してくださったギターマンさんも、ありがとうございました。