ハーモニカ講座の視聴者の方からご質問をいただきましたので、動画にて回答をさせていただきました。
ときどきいらっしゃると思うのですが、低音域(1、2の吸い音)を鳴らすときに、無意識的に鼻からも息を吸ってしまわれるようです。

稀に、自覚がない場合もあるようです。何となく音に張りがない、吸い音が続かないといった場合は、一度鼻をつまんで鳴らしていただき、普段より音が大きくなったり楽に鳴らすことができれば、隠れ息漏れを疑った方がよいかもしれません。
(息が出たり入ったりという感覚がなくても、鼻孔につながる弁を開けてしまっておられる場合がある様です。)

参考にしていただければ幸いです。