img_3679パソコンを使って演奏を聴いたり、録音したり、練習に利用される方は少なくないと思います。
そのような方にとって、マシン本体やソフトの買い時というのはけっこう悩まれることも多いのではないでしょうか?
音楽用のソフトを買ったら、直後に新バージョンが出てショックを受けた…、ということがないように、欲しいマシンやソフトがあるときは事前にリサーチされることをおすすめします。

アドリブ練習のお供として使っておられる方も多いかもしれない「Band in a box」は、Windows版の新バージョン(24)が11月2日にリリースされます。
Mac版は今年の7月に23がリリースされて、現行の最新バージョンになっています。
私の記憶が正しければ、いつもMacが後追いになっていて、Windowsの方が先に新しいバージョンになっていると思います。周期は約1年毎なので、購入の際は前回リリースの時期を確認しておくとよいかと思います。

私が愛用しているDAWソフト(録音等)の「Cubase」は毎年12月頃に新バージョンが出ます(Pro、Artistのみ。Elements以下のモデルは半年遅れ?!)。
現行の最新が8.5、今年の年末に9が出るのではないかと思います。(私の記憶ではもうだいぶ前から毎年同じ時期に0.5ずつ上がっています。)

あと、マシン本体の替え時も重要です。
Macユーザの方は、先月の発表に注目されていた方もいらっしゃったかもしれませんが、iMacやMacbook Proなどの発表はなかったので、噂によればそれらのリリースは10月末の発表直後や、来年の春頃になるという説も…(Macbook Proは年内の可能性が高い???)。
実は私のMacもだいぶ動きが怪しくなっていて次を狙っているのですが、辛抱強くリリースを待っている状況です。
Windowsユーザだった頃は、最新OSが出たら直後には手を出さず、半年ほど様子を見て買っていましたが今はどうなのでしょう?

最後に、OSのバージョンについてですが、Mac、Windowsいずれも、バージョンが上がってもすぐにはインストールしないで、お使いのソフトやデバイス(オーディオIFなど機材の)が全て新しいOSに対応しているかよく調べてください。
例えば、Cubaseについては、例年Macの新OS対応は年の瀬か年始になっていることが多かったように思います。
公式サイトに記されているので、チェックしてからインストールする習慣をつけると失敗がないかと思います。
参考になさってください。