IMG_34277月23日お昼過ぎ、ついに田中光栄教室発表会会場にやってきました。
私も最後の方で1曲演奏させていただいたのですが、長くなりそうなので次の記事に記すことにし、まずは発表会の感想等々から。

当教室に在籍中のHさん(画像)、そして、以前当教室に在籍され現在はお仕事の都合で関東にお住まいのAさんが出演されるので、応援も兼ねての見学でした。
Hさんは、かつて3ヶ月間東京出張されることになったときに、私が光栄先生の教室をおすすめしたことがご縁で、今回で4回目の出場。Aさんは2回目の出場だったのでしょうか、現在は娘さんが当教室に通ってくださっています。

合計25組のみなさんの演奏を楽しませていただきました。
今回は少なかったそうですが10Holesでご出演の方もいらっしゃったり、ヴォーカリストの方が歌の後や間でハーモニカを吹かれるというパターンも。
アドリブ演奏される方や、一音一音を大切にスローテンポの曲を美しい音色で丁寧に演奏されていた方もとても印象的でした。
Aさん、Hさんも落ち着いて演奏されていたようですごく安心しました。Hさんは常々緊張しやすいとおっしゃっていたのですが、前回あたりから少しずつ落ち着いて演奏ができるようになってきたとのこと。
今回も、比較的落ち着いた様子で演奏されていました。やはり、場数は大事です。
みなさん素晴らしい演奏を聞かせてくださって、たいへん参考になりました。
また、会場ではSNSでお世話になっている複数の方から声をかけていただきました。ありがとうございました!

***
帰りの新幹線まで少し時間があったので、途中まで打ち上げにも参加させていただきました。
教室のみなさんには、関西から突然やって来た私にもとても暖かく接してくださいました。本当にありがとうございました。
ハーモニカや音楽の話、そして地元ネタなどいろんな話で盛り上がり、本当に楽しいひとときでした。
新幹線の時間と、駅で迷うことも想定して(想定通りだった、、)早めに失礼させていただきました。
その後迷いつつも無事予定通りの新幹線に乗り、帰路につきました。
次の記事にしますが、あまりにも衝撃的すぎたセッションの余韻で、私としてはとても珍しく一睡もしないまま京都に着きました。

光栄先生をはじめ、バンドのみなさん、生徒のみなさんには、暖かく接していただき本当にうれしく思いました。心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。