パレスサイドホテルでのコンサートも無事終わり、気持ちは20日ののんさんとのデュオで出演させていただくライブに行っています。

ところで、先日のコンサート後にギターの岡部さんから、オリジナル曲「カージナル」の演奏に関して、”伴奏を聴きながらもしっかりしたリズム感で引っぱっていってもらえました”とご感想をいただき、とてもうれしく思いました。
そういえば、その昔。ハーモニカをはじめて数年の頃までは、演奏の主体はカラオケ伴奏とのものでした。そのため、先生からは伴奏をよく聞いてしっかりあわせるようにと教えていただき、とにかくメトロノームや伴奏に忠実に合わせる練習をずっとしていました。
もちろん今でもしますしとても大事なのですが、ジャズ教室に通い、教室の先生がホストをされているジャムセッションに参加させていただくようになると、自分自身がただしっかりまわりを聞くだけでなくリードしていくことができるし、そういう立場であることを知りました。
つまり、カラオケ伴奏相手では自分自身が他の楽器をリードして演奏するということはできませんが、人と人での演奏であれば、単音しか出ないハーモニカでも演奏次第で他の楽器をリードしていくことができるのです。
それを知ってからは、そんな演奏ができるようにとずっと目指してきました。

ここしばらく、橋本先生の「遊ぼう!セッション」などで人と演奏させていただく機会が増えてきました。内容は初心者から参加できる易しいものですが、聴き方が変わってきたのかもしれません。
もしかしたら、セッションの効果かも?!とうれしく思っています。 
もちろん、メトロノームでの練習もとても重要だと思っています。いろんな練習がプラスになっていけばいいと思います。