ブログ読者の方からのリクエストにより、中島みゆきさんの「恋文」を演奏しました♪
伴奏も自作しています。前回、お正月に投稿した「パラダイス・カフェ」が完成した直後から作業を開始しました。お正月とその後の連休のおかげもあり、前作に比べるとかなり早く完成したのですが、ご依頼主様には長らくお待たせしてしまいました。
(ちなみに、みゆきさんの曲でコードのわかる譜面がある場合は、伴奏の入手ができなくても極力リクエストにお応えしたいと思っています。)

この曲は、2003年リリースの『恋文』に入っている曲で、アルバムのテイストは個人的にとても好きです。
みゆきさんの色っぽい歌い方がとても印象的だと感じたので、できる範囲で再現できればと思って吹きました。
また、ご依頼主様にとって特別な思い入れのある曲とのことだったので、心を込めて演奏させていただいたつもりです。
みゆきさんの恋歌の歌詞は、頷けるものが多いです。
「知らない ことから 好きになるものだから」というのも、そうだな、、と思います。

今回も例の如く、録音より伴奏の作成にかなりの時間が必要でしたが、とても勉強になり本当に有意義な時間でした。
この曲は1コーラス目のあとからストリングスが入ってくるので、年末にセールで入手したストリングス音源をさっそく使うことができ、いろいろ勉強になりました。
全体としては、完全コピーはしていないし無理だと思うのでそのつもりはありませんが、できる範囲で似せてみたつもりです。

演奏の方は、ちょうど録音前日に徳永先生のレッスンを受けに行くことができたので、先生に2コーラス目ソロ部分のアドバイスをいただきました。
この曲のキーは転調前がA♭なのですが、このキーでのおすすめのフレーズ(クロマチックで吹きやすくて格好良い)をいろいろ教えていただいたのでそのまま使わせていただきました。
レバーを押しながら滑らせるフレーズをいくつも使っています。
自分で考えることができても、あえて聞いてみることで新しいフレーズを知ることができるので、時々アドバイスもらうのもプラスになってよいなと思いました。
また、原曲をご存じの方はおわかりかと思いますが、間奏のクラシックギターのところはハーモニカで吹いています。とてもあのようには打ち込みで再現するのは厳しいと思ったので、、。

動画の方は、前回同様シルバニアファミリーのみなさんのご出演です(笑)。小1の娘が並べてくれました。 

みゆきさんファンの方以外はご存じのない曲かもしれませんが、ボサノヴァのリズムでとても素敵な曲ですので、よろしければ再生ボタンのクリックをお願いします。