「ピアニカ派とメロディオン派」、世代によるのかもしれませんが、聞いたことのあるかたも多いと思います。
これは、小学校低学年で使う鍵盤ハーモニカの商品名です。学校によって、前者YAMAHAのピアニカと、後者スズキ楽器のメロディオンの2つにだいたいわかれてくると思います。
ちなみに、私が通っていた京都市内の小学校では当時ピアニカ派でした。なので、鍵盤ハーモニカ=ピアニカだと大人になるまで思っていました。

先日、小1の娘が学校から鍵盤ハーモニカ購入の案内を持って帰ってきました。
機種名を見ると、なんと、メロディオン!
いつもお世話になっているスズキ楽器さんなら、ということで、我が家では学校を経由せず浜松のYさんへ直接メールさせていただきました。
ちょうど、生徒さんの楽器やスライドオイルなどもお願いしようと思っていたのでよいタイミングでした。
学校では、兄姉や親戚等から譲り受ける子どももいるためか、基本的にメーカ、機種は問わないそうです。なので、工場見学の時に見せていただいた新発売のF-32P(画像)にしました。
IMG_0577IMG_0578
ケースがセミハードタイプでとても軽いです。硬いタイプのものと同様、譜面を立てることもできるようです。
試しにちょこっと鳴らしてみましたが、鍵盤ハーモニカってこんなによい音だったっけ?!という印象。ハーモニカのおかげで多少はコツがわかったことと、昔より製品の質が上がっているのかもしれません。
思わず吸いたくもなりましたが(笑)、今ならビブラートだってかけられます。小学生の当時にできていたら、ちょっとした特技になっていたかも?!
娘に、工場見学で作るところを見せてもらったこととビブラートを自慢したら、本気でうらやましがられました。嫌な大人です、、。
 
学校から発注する機種より5鍵多いのですが、従姉がお祝いにと作ってくれた手提げ鞄にもぴったり収まって一安心。来週あたりから授業で使うようです。
みなさんのお子さん、姪っ子甥っ子さん、お孫さんはどちら派ですか??