ある生徒さんのハーモニカ、1番吹き(ド)を鳴らすと吹き始めにプクッという音がします。
例の、う~んぷ現象(リードプレート表側にあるバルブが結露により貼り付く症状)とは少し音の感じが違いました。
念のため、1番吹きのリードと対になっているバルブ(リードプレート表側)の交換をしてみましたが、全く効果無し。
電話で徳永先生に相談してみると、どうやらかなりのレアケースのようでした。周りのバルブも交換して様子をみるようにとアドバイスをいただきました。
もしかして、と思って、リードプレートを外して1番吸いのリードと対になっているバルブ(リードプレート裏側)を交換してみたところ、以後再現性はおきず直りました。
リードプレートを外すので少し時間がかかりましたが、無事直ってよかったです。先生、ありがとうございました!
一般的に、リードプレートの裏側のバルブを交換することは、表側のそれに比べると頻度はかなり低いと思うのですが、稀に裏側のバルブの劣化により、対になっているリードのピッチが狂うこともあるそうで、実際私も数回経験があります。
徳永先生も今朝のブログに記しておられたかと思いますが、メンテナンスは本当に奥が深いです、、。