東京の田中光栄先生のところへ行って話を聞かせてもらったときに興味深かったことを、もう一つ記したいと思います。
それは、ハーモニカを吹き吸いするときに頬がペコペコと動くかどうかということです。
口先で吸ったり顎の上下運動で補助してしまったりすることは論外ですが、頬をゆるゆるにした状態で勝手に動く方とある程度固定して動かさないという方がいらっしゃると思います。
私は動かさない派ですが、光栄先生は動く派。
光栄先生が大阪でセミナーをされた際、ある受講者の方から「通っている教室の人たちは動かしていないです。」という指摘を受けてはじめて動かさない派の存在を知ったと言うことをおっしゃっていました。光栄先生は、海外の有名奏者たちの頬が動いているのを見て、そうするものと思っておられたとのことでした。

中級者以上の方はご自身で試していただくことができると思うのですが、同じ穴番号を連続で吹き吸いし、頬をゆるゆるにしておいて自然に動く状態のときと、最小限の力(力と思わないくらいの力)で固定して動かさないようにして吹いたときと、音が明らかに違います。
前者はとっても暖かみのあるサウンドが得られ、後者はタイトな感じになります。
レスポンスの感じもかなり変わってくるかと思います。
好みの音色を見つけていただくための一つの情報として、お役に立てれば幸いです。