顔全体、口の中、肩まわりを楽にした状態で、口角だけをニッと上げると喉の奥が開きます。
その状態で鼻から息を吸ってみると、喉に息がかかって涼しくなり、喉が開いていることが実感できると思います。
その状態で「タコの口」にしてください、と、はじめてクロマチック・ハーモニカをされる方には説明させていただきます。
ほぼ全員が、喉が開くと言うことを実感できておられるようです。

常日頃から、おかしな人に思われない程度に口角を上げておくとよいです。そのとき、顔、口の中、肩に不要な力が入っていないようにしてください。
喉が開いていると、風邪などのウイルスが喉につきにくくなり風邪の予防になると、喉の治療で通っていた医療機関の先生がおっしゃっていました。
(ウイルスはお腹へいくわけですが、よほどのことがなければウイルスは死滅するとのことでした。万一死滅しなかった場合がきついわけですが、私の場合この話を聞いてから風邪は今のところ引きにくい状態をキープできています。) 

ハーモニカ愛好家の方もそうでない方も、よろしければお試しください。