ある愛好家の方より、ビブラートに関する悩みのご相談をいただきました。
ノンビブラート状態ですとテンポキープできるのに、ビブラートを入れたとたんに拍がわからなくなる、のだそうです。
実は、私もハーモニカを始めて2,3ヶ月くらいの頃に同じ悩みを持ったことがありました。
4拍伸ばす箇所などの4拍、普段なら当たり前にごく自然に数えられていたことが、とたんにできなくなってしまうのです。
ほどなくしてこの悩みはなくなったのですが、私の場合ポイントは2つでした。

・最初のうちは、曲のテンポと自身の力量(どのくらいの速さでビブラートの波を作れるか)を照らし合わせ、できる範囲で1拍につき波を何回ということと、ビブラートを入れる場所をあらかじめ決めておくこと。
→あくまで無理のない範囲で、ゆっくりめの曲で試すことがおすすめ。また、2拍半などには最初は無理に入れようとせず、拍の表から3,4拍しっかり伸ばすところにだけ入れてみるとよいです。

・とにかく、何度もチャレンジして慣れていく。どうしても難しい場合は、まずはハーモニカは吹かずにイメージしてみるなども効果的。

私の場合ですが、上記2点で拍を見失うことはなくなりました。あと、ある程度慣れてきたら、今度は1拍何回という意識をなくしていく努力も必要になります。

明日の記事に、旧ブログに記したビブラートの練習方法をこちらにも転載しますので(こちら)、あわせて参考になさってください。