田中光栄先生のレッスンを2時間受講した後、今度は吉祥寺にあるジャムセッションの教室へ。
(関係ないのですが、「吉祥寺」って、京都市の南の方にある「吉祥院[きっしょういん]」と間違ってしまいそうになるのですが、そんな京都市民は私だけでしょうか??)

この日は月曜の昼間ということでセッションの開催はなかったようですが、代表の斉藤先生が私のレッスンを担当してくださいました。
このジャムセッション教室はオールジャンルのセッション専門の教室とのこと。以前少し触れましたが、動画によるウェブレッスンを1ヶ月間受講してすごくわかりやすかったので、機会があれば是非直接レッスンを受けてみたいと思っていました。
レッスンではまずウェブレッスンの内容の復習からはじまりました。ブルーノートの具体的かつ効果的な使い方、オルタードスケールの使い方、IIm7-V7-Iのフレージングのコツ。そして、私のリクエストにより、部分転調やサブドミマイナーの攻略?!法など。後半はジャズスタンダード曲でのレッスンもしていただきました。
実際に先生のギターと一緒に演奏させていただくことで、ウェブレッスンでの内容がより深く理解できました。
これで、今まで挫折したスタンダード曲も吹けるようになりそうです。キーの違いもあるので少し慣れは必要ですが、そんなに時間はかからないと思います。
先生にも、基礎ができているので飲み込みが早いですね、と言っていただき少し自信がつきました。
正直、行ってみたはいいものの全然ついて行けなかったらどうしようかと内心ドキドキだったのですが、入り易いところからレッスンしていただいたので、気づけば最後はジャズスタンダード曲での実践まで進んでいました。
さすが、ジャムセッションに特化した教室だけあって、そのノウハウは凄いと思いました。
たぶん、今の私よりも楽器自体の演奏技術が未熟であってもアドリブは十分可能と思えましたし、実際に先生もウェブレッスンやメルマガでおっしゃっていたと思います。
それに、私もいつも心がけていることですが、ちゃんとレッスンしつつも、常に笑顔の絶えないレッスン♪明るい雰囲気でとても楽しかったです。
定期通学のできる環境にある方がとてもうらやましいです。こちらも、東京に用事がなくとも通いたい教室となりました。

この日は、午前中の光栄先生のレッスンに始まり、前日のコンテスト本番に負けないくらい(いや、それ以上に?!)とても充実した一日となりました。

ジャムセッション専門の音楽教室「FTJS!」⇒こちら