(この記事は予約投稿しています。)

まだ、バンド発表会ネタでひっぱります(笑)。
本番の2日間はとても忙しかったのですが、当教室から出演される生徒さんは少ないので、他の講師の皆さん程は忙しくなかったように思います。
どちらかというと前日の準備の方が、ミュージシャンのみなさんの中では比較的規則正しい生活を送っている私にとってはたいへんでした、、。
それに、講師4名の中で私はいわゆる「紅一点」。家族の協力はかなりあるものの、最低限のことはやっておかないといけません。
発表会前日の金曜は、早めに夕食の支度をして家族と一緒に食べた後、ベース担当のバンドの練習に参加。事前リハの短い時間では思うようにいかなかったのです。
譜面と音源で各自練習するわけですが、リハで予想外のことがおこったりなどもやはりあります。 
この日は、月1回参加しているセッションデーの日でもありました。
先月体調不良で泣く泣くあきらめたので、この日は何が何でも行っておきたかったのです。
(でも、あとのこと考えたら普通は休みますよね、、。) 
バンド練習のあとそのまま行ったのでベースを持ったまま入店。予想だにしていなかったのですが、ホストのI先生からベースも弾くように言われました。
当然断ったのですが聞いてもらえず、仕方ないのでさっき練習してきたばかりの曲をピアノのM~みんさんに手伝っていただいて弾きました。(M~みんさんは初見でスラスラ♪さすがです!)
案の定、いきなりのことでボロボロでした。まぁ、これで以後同じ様なことがあっても弾いてとは言われないと思います(苦笑)。
(というか、その前に二度とベースは持っていかないと思う、、。)
その後はハーモニカで「リカルドボッサ」「フライミートゥザムーン」を吹かせていただきました。(ハーモニカの方が全然よかったよ!って当たり前です!!)
前者は発表会のサポートでも吹く曲なので練習になってよかったです。
久しぶりにテニス時代のY先輩にもお会いできました。テナーサックスにも慣れてこられたのか、パワーアップされていました。M~みんさんともご一緒できてよかったです。

1時間半ほど滞在した後は、今度はタクシーで発表会会場へ移動。講師陣、生徒有志のみなさんと合流し、会場のセッティング。
毎回女子も関係なく荷物運び(けっこうな重量)なのですが、今回は若手男子が多かったので、生徒のKさんと私は二人でプログラムやフライヤーの配布準備に終始しました。
そして、終了は25時、帰宅して26時、就寝は27時。。
ハードな2日間の前夜としてはなかなか厳しかったですが、バンド練習、セッション、前日準備、どれも参加できて本当によかったです。