(この記事は予約投稿しています。)

2日目は早朝から徳永先生の特別レッスンを受講。7時から音を出すのは久しぶりで、最初の10分くらいは思うように出なかったですが、後半は調子が戻っていました。

朝食後はいよいよリズムセミナー。
昨日のお昼から参加されている方は2日目ということで、昨日の続きから。
私はこの日がはじめてなので、ここで自身の作った教材がどのようにセミナーで使われていたのかをはじめて知りました。
作るのに朝5時までかかってしまった日もあったテキストを、みなさん卓上の譜面台にセットして座っておられる姿を目にして、感無量☆
パソコンの前で格闘しながら調整したVOCALOIDの音声や、難しい箇所は何度も録り直した模範演奏も、大きなスピーカから繰り返し流されていました。
(アップテンポのシンコペーションパターンが流れたときはリズムが甘くなっていないかヒヤヒヤ。その表情をばっちり徳永先生に見られていて思わず苦笑いでした。演奏はすべて先生にチェックしていただいているので大丈夫のはずなのですけど、、)
模範演奏と一緒に練習するときは、自分の演奏と一緒に吹くのがなんだか不思議な気持ちでした。 

前夜からたくさんの方に声をかけていただき、「わかりやすい教材をありがとう」と言ってくださったのは本当に励みになりました。
その都度、この教材のコンセプトである、”自宅でも継続して練習してほしい”ということをみなさんにお伝えしました。
徳永先生もセミナーで繰り返し言ってくださっていました。
音声ガイド付きですので、間違った内容で練習をしてしまうリスクはほぼなくなると思います。是非、ゆかり(音声ライブラリの名称)のガイドで楽しく練習していただければと思います。 

セミナーでは、音声ガイドや模範演奏と一緒に吹いた後は、メトロノームの音だけで5、6名ずつ実践。他のグループの演奏を聞いると、徳永先生が少しガイドを入れられるだけでとたんにすごくノリが出てくることに感動しました。私はまだまだ修行が必要の様です、がんばります。

昼食後はオープンステージ♪1曲吹かせていただいた後、夕方からのレッスンのためみなさんより1時間ほど早く会場のホテルを出ました。
帰りの新幹線では爆睡でした(苦笑)。本当に濃い2日間でした。 
徳永先生、Aさん、古橋ファミリーのみなさま、お会いしたみなさまに心より感謝御礼申し上げます。