(この記事は予約投稿しています。)

Macに乗り換えてからはや2週間以上が経ちました。
快適には使っているのですが、いくつか困ったこともあります。
(といいますか、単にわかっていないだけなのかも。)
これから解決すべく、ここに記してみたいと思います。

1.Winのメモ帳に記していたtextデータをそのまま開くと文字化けする。いちいちMac版Wordで開かないといけないので面倒。フォントの設定をいろいろ試してもなおらない、、。

2.Winに装備されていた、読み方がわからなかったり標準で出てこない漢字をマウスで入力する手書き機能が見つからない。

3. Windowsムービーメーカーに代わるアプリがわからない。iMovieを使ってみましたが、画像がスクロールやズームする機能が見つからず、動画が単調になってしまう。

4.Mac Miniを購入したのでディスプレイはWin時代のものをそのまま使用していますが、解像度をいくら調整しても文字が微妙にぼやけて見にくい。このままでは視力が落ちそうで心配なので、早急に対策を考えたいと思います。新品のapple純正ディスプレイを購入したいのですが、27インチしか用意されておらず(2013.3.7現在)、置き場もお金も足りません(かなり切実)。

私は生徒さんの進捗をExcelで記録しているので文字を入力することは毎日のことなのですが、文字入力に関してはWinの方が使いやすかったように思います。
標準装備の「ことえり」に頼らず別のアプリの購入も考えた方がよいのかもしれません。
Macユーザ先輩のM氏に聞いてみたところ、文字入力はそんなにしないらしく何とも思わなかったとのことでした。当然のことながら、用途によって使用感は変わってくるようです。

DAWにおいては、CubaseはWin、Mac両方に対応しているので、Cubaseユーザで本当によかった、と思いました。
先日も記しましたが、iMovieにおける動画編集、書き出し作業の安定感と速さ 、YouTubeへの投稿も速くてありがたかったです。
あと、Macではパーティションを分けてWinのOSをインストール、起動できることを知ったときは驚きました。
Winにしか対応していないソフトがあるので、それだけはWinを起動させて使っています。 
(そのセットアップ時にいろいろあったのですが、今は安定して使用できています。)

とりあえず、上記の4つの困っている点は一つずつ解決していきたいと思います。
Macユーザ1年生、がんばります。