私が自宅録音のときに愛用しているDAWソフト「Cubase」のiPad版が出たということで使ってみました。
車で出かける用事ができたので、マイク、ハーモニカ、iPad用のオーディオインターフェイスなどを持ち込みました。
と言っても、荷物はYouTubeの画像のとおりわずかです。
iPad版ですが、ライト版のリバーブやディレイ、EQなどもちゃんとついています。
今回は、リバーブのみ使いました。
曲は、ちょうど昨日生徒さんが吹いておられた曲が頭に残っていたのでそれを吹いてみました。
1分ちょっとのシンプルな曲なのでテストとしてもちょうどよいかと、、。
(でも、今思えばもうちょっといろんな音域で吹けばよかったかも。)
編集もいろいろできるようですが、とりあえずミスなく吹いたので切り貼りの機能は使わず仕舞い。 
パソコンのCubaseに取り込んで編集することもできるそうです。
富山レッスンのときは別のアプリを使っていましたが、イフェクト機能がついていませんでした。
これなら富山の生徒さんにも、ちょっとでも発表会など本番に近い音でご自身の演奏を確認していただくことができます。
その場でミックスダウンしてwavデータに保存することもできました。
普段Cubaseを使う者の身としては、いつもと同じような操作性なのもありがたいです。

パソコンの方と違うのは、iPadへの負荷を軽減させるためか録音中のトラックにリアルタイムで波形が出ないことと、センドイフェクトの調整を再生中に行ってもリアルタイムに反映ができないみたいでした。
一度停止して再び再生すると反映されました。
いろいろいじっていると、一度だけ落ちてしまいました。重い作業をしすぎるとダメなのかも?!しれません。でも、録音は普通にできました。

実はこれ、アプリとしてはかなり高価で4,300円という微妙に(いや、かなり…)悩むお値段でしたが、私にとっては値打ちは十分あるかなと思います。(あくまで個人の感想です!)
興味のある方は、ハーモニカの音の感じなどを聴いてみてください♪