歌ってから吹く

(この記事は予約投稿しています。)

オススメ?!練習シリーズ第五弾は、歌ってから吹くことについてです。
当教室での事例ですが、あるフレーズを吹いていただくときに、うまくメトロノームに合わせられなかったり、リズムが曖昧なまま吹こうとされる方がいらっしゃいます。
初心者の方でメトロノームにまだ不慣れな方、ややこしいリズムの箇所がうまく吹けない方、吹き始める前にまずはメトロノームを鳴らした状態で歌ってみられてはいかがでしょうか?
特に、忙しくて音を出す時間をなかなか取ることのできない方は、たとえば通勤電車の中での練習も可能です。
私もかつて、通勤バスや昼休みの時間を利用して小型のメトロノーム(BOSS DB-30)を持ち込み、キコカコと鳴らしながら譜面をみて心の中で歌ったものでした。
今はスマホのアプリでもメトロノームがあり、便利な時代になりました。

この練習はハーモニカを吹かないことでリズムに集中できるのでオススメです。また、お忙しい方でも音を出すことなくどこででも練習できます。
そろそろ仕事始めという方も多いと思うので、通勤など合間の時間を使ってみられてはいかがでしょうか。

注) レッスンに通われている方は、先生のご指導の下で練習に励んでください。独学の方におかれましても、あくまで参考とし、ご自身にあった方法で練習を進めてくださいますよう、お願いいたします。