K3410005(この記事は予約投稿しています。)

京都市西京区の正法寺さんにて、ピアノの池田真優美さんとともに演奏させていただきました。
この日は、室町時代を起源とする「京都洛西観音霊場めぐり」を巡礼するツアーの最終日。約1年かけて少しずつ歩いてまわってこられたそうです。
ご住職による「満願のお言葉」のあとに、1時間ほどコンサートをさせていただきました。

当日は台風が接近しておりあいにくの雨。遠方からお越しの予定だった方が来られずキャンセルが出たり、午前中で切り上げて帰られたりで予定の半分以下の人数になってしまったのですが、コンサートは決行。
荒天の中、最後まで聴いてくださったみなさまには本当に感謝です。
童謡・唱歌、映画音楽、歌謡曲など、馴染みのある曲を中心に演奏させていただきました。私が話しているときに、ピアノで季節の童謡を弾いてくださっていたのがステキでした☆
最後までじっくりと楽しんでいただけた様子が伝わり、うれしく思いました。
また、帰りに複数の方から声をかけていただきました。「お参りで癒され、音楽でも癒されました。ありがとう。」と言っていただき、本当にうれしく思いました。ありがとうございました。

前日からミュージシャン仲間、先輩方の、コンサート中止や延期の情報がツイッターなどで流れ、とても不安になっていました。当日もいつ中止の電話があるかとドキドキしましたが、無事演奏を終えることができて本当によかったです。
機材も持ち込みでとのご依頼で、電子ピアノと小さい方のアンプも持参していました。雨の中ダッシュで荷物運びをしました。
今回は、エルモニ時代(私がライブ活動を始めた頃)に時々ボランティアで運転手を務めてくださっていたAさんに車を出していただきました。
当時はずっとボランティアだったのですが、今回はじめて、お仕事として依頼することができました。
当時、Aさんが定年されたらお仕事としてお願いしてみたい、と半分冗談で言っていましたが、実現しました。(まだお勤めはされていますが、一応昨年定年を迎えられました。)
私にとっては記念すべき日となりました。Aさん、本当にありがとうございました。
機会があったらまたぜひよろしくお願いします。
(新車のプリウスα、車内を雨水で汚してしまってごめんなさい…。)

正法寺さんは、桜と紅葉の季節になると観光の方がたくさん訪れる、有名なお寺だそうです。
画像は、ご住職より頂戴したお寺の景色がプリントされたクリアファイルとパンフレット。そして、ツアー主催のFさんより頂戴した陶器のカップとステキな熨斗紙です。「うれしい きもち」という文言がいいですね。ありがとうございました。
ご住職、Fさん、スタッフのみなさま、コンサートを聴いてくださったみなさまに心より御礼を申し上げます。