以前もちらっとブログに記したかもしれませんが、私はハーモニカをはじめた当初から数年間の録音音源を今でも大事に残しています。
ハーモニカ歴3ヶ月くらい?!のときの「ふるさと」にはじまり、ライブ活動を始めた頃くらいまでの音源を、最近使わなくなったMDに残しています。

生徒さんのレッスンでも曲が完成に近くなってくると、客観的にご自身の音を聴いていただきたいということで、なるべく録音の機会を増やしています。(マイクを持ったり、マイクを通した音に慣れてもらうというのもあります。)
で、USBメモリを持参していただき、ご希望の方には音源を差し上げています。
録音のときには必ずお伝えしているのですが、音源を持ち帰られる方は1/3ほど。
これはとてももったいないことだと思います。
いちおうレッスン時間にも確認はしていただきますが、帰宅してじっくりと聞いていただくことも、持ち帰ればできます。
あと、練習に行き詰まったときなどに、過去の音源は元気を与えてくれるものになると思います。
過去は決して振り返らない!!というのもわかるし、その考えには賛成です。
でも、過去を知ることで今の自分を知ることもできるのではないでしょうか。
ただ思い出に浸るのではなく、今の自分を冷静に見つめるための音源。今からでも、残してみてはいかがでしょうか??

(「ヘッドラ~イ テールラ~イ ・・・♪」と聴こえてきそう?!です。。)

(ちなみに、、、私自身はさすがに3ヶ月の「ふるさと」を聴くことはありません。少し前のYouTube音源などは、もう少しこうすればよかったな~というのは思うし、参考にしています。)