ジャズバーVでのI先生ホストセッションデーに行ってきました。
実は、少し前に何年もお会いしていなかった大学時代のソフトテニス部の先輩からメールをいただき、12月からI先生のところでジャズを習っているとのこと。
どうやら、I先生のYouTubeに私が映っているのを偶然ご覧になった様子。
先輩が5年前からアルトサックスをされているとは知らなかったのでビックリ!!
(ちなみに、大学時代、籍のある大学に部がなかったので、某国立大学の体育会でお世話になっていたのでした。公式試合には出られませんでしたが、いい経験をたくさんさせていただきました。)
Y先輩とは随分長い間お会いしていませんでしたが、卒業後もしばらくOB合宿やOBOG戦でお世話になったりしていました。

この日は、他にお馴染みアルトサックスOさん、ピアノI先生、ベースUさん、ドラムスAさんと、ご一緒する機会はありませんでしたが、ヴォーカルのKさん、Nさん、そしてサックスの男性も来られていました。
今回は、「Fly Me To The Moon」「ブルーボサ」と、Oさんの「Billie’s Bounce」にチョコット参加。そして、Y先輩にも入っていただき「あなたと夜と音楽と」「All Of Me」を一緒に演奏させていただきました。
Y先輩と乱打(テニス)させてもらったことはあると思いますが、まさかセッションでご一緒させていただこうとは思ってもいませんでした。

「All Of Me」は今回はじめて演奏しました。キーはCでした。
Y先輩からメールでお聞きしていた曲目でしたがキーがわからずCとF両方を用意していましたが、クロマチック・ハーモニカの音色ですとFがキレイに聞こえるように思います。
Fでざっと一通り家で吹いた程度でしたが、メロディを知っていたので何とかなりました。
この曲については、インストの場合はC、女性ヴォーカルの場合はFが多いそうです。
ソロも含めて両方に慣れておいた方がよさそうです。勉強になりました。

子どもがI先生の演奏中に「ピアノ弾きたい」と言っていましたが、休憩時間にちょこんと座って弾いていました。
年末に覚えた「Cジャムブルース」を弾くと、Uさんがベース弾いてくださいました。まだ4歳なのに贅沢すぎます。ありがとうございました!

***
今回、思いがけないところでテニス部時代の先輩にお会いすることができました。
ハーモニカをはじめてもうすぐ丸11年、テニスに打ち込んだ日々はどんどん遠くなっていき、気づけばまわりは音楽を通じて知り合った人がほとんど。
私は私、それ以外の何ものでもないのですが、なんとなく自分の中に、テニスに打ち込んでいたときの自分と、そして今のハーモニカの日々を過ごす私といるような、そんな気がどこかでしていたのかもしれません。
先輩は人生初のセッションだったようで私の存在が心強かったとおっしゃっていましたが、以前の私を知っている人がこの場に来てくださって心強く感じている自分にふと気づきました。
私にとっては、テニスでもハーモニカでも何に打ち込んでいても私は私なんだという当たり前のことに気づかせてくれた、貴重な再会だったのかもしれません。

ともあれ、I教室のセッション仲間がまた一人増え、来月のセッションがより楽しみになりました。
今年は月2回以上セッションに行くのを目標にしているので、がんばっていきたいと思います♪