先日購入したFenderのジャズベースJB75を、ギタリストでベースの講師もされているM氏に見てもらいました。
振動がちゃんとネックにまで伝わっていていいんじゃない、とのこと。
言われてみれば、伝わってました。(前のは感じたことなかったなぁ。。)
あと、弦高を少し低く調整してもいいかも、とアドバイスいただきました。
ボディがラッカー(だったかな?!)、指板メイプルという組み合わせはけっこう重たいようです。
少し心配になりましたが、今のところそれで疲れるということはないので大丈夫でしょう。
まぁ、もししんどくなったら座ります。長時間立って演奏するという場面はあまり考えられないので。。
立ったとき、座ったときの姿勢、ストラップの長さなどのアドバイスもいただき、収穫がありました。

その日はちょうどIスタジオの日。
ということで、ベースをかついでハーモニカ吹きにスタジオへ移動。
ピアノのI先生はベースもされるので、どう切り出して見ていただこうかと密かに思案していましたが、スタジオへ行くや否や「見せて。」とのことで思案は無用でした(笑)。
I先生もやはり重いとおっしゃっていて少し不安になりましたが、弾き比べて音色で選んだので慣れていくことにします。
(ここで思いもよらなかった事実が判明!なんと、I先生ご愛用の機種より私のもの方が上位機種でした!!恐れ多すぎですww宝の持ち腐れにならないよう、今からがんばります…。)

なぜこの機種を選んだのかいろいろご質問いただき、下手なりにちゃんと試奏して購入したこと、用途は主にバンド発表会のサポート用であることなど話しました。
プレシジョンベースとジャズベースの違いや、使われている木材の違いによる音色などの違いなどの話題にもなりました。
それなりに調べ、弾き比べた上での選択でしたが、購入に至るまでの経緯の確認にもなったかなぁと思います。
ハーモニカもメーカや機種、スペックによって特徴も様々ですが、ベースも奥が深くて興味深いです。
もっと上達したらいろいろ見えてくることもあるのでしょうか。

Iスタジオへの移動もあり背中が重い一日ではありましたが、二人のプレイヤーに見てもらえてとてもラッキーでした。
お二人とも私のベースで華麗に弾いてくださり感激&ちょっとジェラシー。。
さて、春の発表会サポートに向けて練習がんばりましょう。
今度のバンド発表会、ベースのK瀬先生不在の土曜は私にお任せ!!(?!)