K3410001ついに、新しいベースを購入しました!Fenderのジャズベースです♪
本当はもう少し、前のものでひっぱろうと思っていたのですが、スタジオでM氏所有のヴィンテージを弾かせもらった瞬間、考えが一変!!

私の使っていたものはミディアムスケールというらしく、弾きやすいように全体的に小振りで短いタイプでした。値段もお手ごろな3万円台。(さらに短いものをショートスケールというらしいです。)
小振りなので左手は押さえやすかったのですが、一般的なレギュラースケールで且つ桁の違うお値段のヴィンテージは音があまりにも違いすぎました。
それと、左手は最初少し慣れなかったのですが、ボディが大きい分右手は肘が固定できて安定し、思ったほどに違和感はなく逆に弾きやすい印象。

何より、音があまりにも違いすぎて、ゼロの数の違うヴィンテージは無理にしても、せめてもう少し上位モデルで毎日しっかりと練習したいと思うようになりました。
ちょうど先日の金曜日、おそらく今年最後になるであろう、平日の昼間に一人で過ごすことのできる時間ができました。
というわけで即実行…。
先立つもののことは買ってから考えよう!というM氏の教え?!を見事に受け継いでしまいました。。
百貨店で美容液1本買うような感覚で、「はい、一括で」と答えたものの、多分来月のカード明細を見たら現実に戻されると思います。
まぁ、その分、いやそれ以上に、しっかり練習して元を取ります!と宣言しておきます。

話は前後しますが、楽器は大阪の楽器店で買いました。大阪はいつ行っても迷います。
完全におのぼりさん状態でした。
ベースは超初心者ですが、勇気を持って数台試奏させてもらいました。
気軽に試奏できるのは、ハーモニカ愛好家としては羨ましい限り。

ジャズベとプレベのどちらにするか、というところですが、これはM氏所有のもので比べていたので狙いはジャズベ。
あと、60年代モデルのローズウッドの指板か70年代のメイプル指板かというところで、同じ価格帯の2台を試奏させていただきました。
正直まだあまり上手く弾くことができないので、ハズカシイな~と思いつつも勇気を出して弾かせてもらいました。
たぶん店員さんには初心者ということがバレバレだったと思いますが、納得いくまで弾くことができたのはよかったと思います。

私が選んだのは、Fender Japanのジャズベースで、70年代モデルを再現したもの。価格は9万円台でした。(定価は11万円ちょっと)
ハーモニカは試奏できないのがネックですが、その代わり、初心者もプロも愛用機種はほぼ同じ。(あくまで私のまわりでの話。クラシック系愛好家の方はまた違うのかも。)
そういう意味ではありがたいかなぁ、と今回思いました。

帰り道での話。
以前M氏が、「ギターをかついでいると声をかけられます。」と話す私に、「それは、ギターが馴染んでないからや。馴染んでいたら誰も話しかけてこない。」と言っておられましたが、買ったベースをかついでいると、案の定バス停で知らない人に声をかけられました★
「誰かのコピーバンドしてるの?」とお兄さん。
即座に「なんでもアリです。」と答えましたが「本職はハーモニカ講師でして、、」「バンド発表会で生徒さんのサポートでベース弾くんで、、、」なんてことを説明するのはチョット…と思い困っていたところ、待っていたバスが来てくれました。
お兄さんは違うバスを待っておられたようでひとまず安心。「練習がんばってね~」と激励のお言葉をいただきバス停をあとに。。

私がベースを弾くのは生徒さんのサポートですが、ハーモニカとは違った楽器を練習するのは必ずやハーモニカにもプラスになると私は思っています。
今までは、幼少時の音楽経験がないことからとにかく近道をと思ってやってきましたが、来年は時間がかかっても今までやってこなかったことをじっくりやる、たとえハーモニカの練習時間が少し減っても必ずプラスになると信じて続けてみる、というのが来年の抱負です。(ちょっと早いですけど、、)
ベースもその一環ですし、何より弾いていて新しい発見があり楽しい☆
縁あってうちに来てくれたこの子とともにがんばっていきます。