世の中は、テルサでのハーモニカ祭や、東京でのtootsのライブでにぎわっていたのだと思いますが、私はこの土日、バンド発表会のサポート出演をしていました。
で、最終日の2日目は日付変わって先ほど帰宅。

1日目はベース、2日目はハーモニカで出演。生徒さんも2日間数名ずつ参加されました。まだまだハーモニカ発表会に比べると少ないですが、じわじわ参加人数は増えています。
うれしいことです。いろんな人とかかわって、たくさん経験を積んでほしいと思います。私もがんばります。

もう一つ個人的にうれしかったのは、私がハーモニカ歴3年目?!くらいの頃にはじめてライブ活動をしたときの相方、杉餅が来てくれたこと!
今は某カルチャースクールの店長としてがんばっています。お互い忙しくもう一緒に演奏することはなくなったけれど、ときどきメールなどで近況を報告しています。
会うのは久しぶりなので本当に貴重な時間でした。
(打ち上げのとき、私の昔の話を知らない間に生徒さんに暴露されてた~。O野クン、他の人には言わないでネ!)

生徒さんたちはサポートも含め、みなさんすばらしい演奏を聴かせてくれました。
K本さんは、たぶん最高齢出演者だったと思います。ギターの森本先生とのデュオでした。
あとのみなさんは、生徒さんとの出演。(プラス森本さんサポートも一部あり)
バンドや弾き語りのサポートでの出演もありました。
バンド発表会は、自分で曲目を指定して出演できるし、ギター教室なども含め他の生徒さんの曲にサポートとしての出演もOK。ギター教室の慣わしで一律料金というなかなか面白いシステムです。
講師も生徒さんも、同じ立場でバンドのメンバーとして演奏できて楽しいです。
演奏が終わったときは、メンバーとの一体感みたいなのがあります。
(地域などの運動会で、あまり交流のない人たちとムカデ競争に出たときみたいな感じ?!です。例えがわかりにくいでしょうか。。)

サポートでロック、ブルース、ジャズの曲を演奏させてもらったのですが、打ち上げのときに、最近ジャズを始めてセッションデーに修行?!に行っているということを聞かれたので話していると、どんどん人が集まってきてビックリでした。いろいろご質問もいただきお答えしていました。
ギター教室にも、アドリブに憧れ一音も弾けない状態から脱したい人はたくさんいるようです。
私もまだ初心者ですし、できることは限られています。すごく逃げたい気分でしたww
(でも、ずっと前からバリバリできる人よりも、ある意味彼らの聞きたい情報が提供できたのかも?!しれません。どうなんでしょ??)

いつもは打ち上げのあと同じ学区に住むHさんとタクシーで帰っていたのですが、今回ははじめて2次会に参加することになりました。
かなり久しぶりにカラオケに行きました。
ギター弾きながら歌う人もいました。カラオケのマイナスワン不要な気がします(笑)。
私も3曲ほど歌わせていただきました。
みんな手拍子がなかなかリズム感いいです。
中にはヴォーカルでライブ活動をしている人もいて聴き応えもあり楽しかったです。
「悪女」と「津軽海峡・冬景色」を一緒に歌ってくれたN山さん、ありがとうございました♪

今回の発表会の総評。
生徒さんは、細かいミスはあってもみなさん全体的によく吹けていました。
Nさん、前回より音良くなりました。Wさんもよくなってきていてよかったです。お二人とも、さらに音色育っていくと思います。がんばっていきましょう。
Aさん選曲の「Sir Duck」難しかったですが、短期間で仕上がり安心しました。シンコペーションも吹けていてホッとしました。
O野さん、2曲ともよかったです。オブリガートもヴォーカルを引き立てていました。
K本さんのオリジナリティは抜群でした!次回もまたチャレンジしてください。
ハーモニカ教室ながら、もともとされていたベースで3曲サポートしてくださったHさん、いつもありがとうございます。でも、来年は転勤なんですよね…。教室にも長く通ってくださっている一人なのでとてもさみしいです。
ベース、さすが上手でした。私の分も今まで助けていただき本当にありがとうございました。発表会のタイミングで帰省、なんてどうでしょ??

で、私。
ベース練習します。本番なくても週2回触ります。ってベースの黄瀬先生に宣言しちゃったのでがんばります。水曜の夜、スタジオで会ったら質問攻めかもww
ベース弾いていて思いましたが、このパートはハーモニカとは違った角度で演奏を聴き、弾くことができます。
すごく勉強になるし、やっているとプラスになると思いました。
ハーモニカは、サポートなのに1曲サイズ間違って途中見失いすみません。無事戻れましたが、ドラムのYクン本当にすみませんでした。
あとの3曲は滞りなく終わったと思います。ロックとブルースの曲は原曲にハーモニカパートがなく、いまいち自分の役割がわからないままでしたが、合いの手とあとソロは少し吹きました。
あとで、聴いてくださっていた方から、「クロマチックってBBキングもできちゃうんですね!」というご感想をいただきました。できちゃってたのかは謎ですが、そう言っていただけてちょっと安心しました。
ハデに見失ったあとだったにもかかわらず、わざわざ私を探して「感動しました!私もやってみたいと思いました。」と声をかけてくれる人もいらしてうれしかったです。
今回も、大学時代からの友人Iチャンとの共演ができました。同じく友人の奥さんも来てくれていました。S子ちゃん(お子さん)にフェアリートーン(おもちゃ)あげました。(「レレー!!」って言うよ。)

そろそろお風呂入って寝ます。
各教室の生徒さん、講師の先生方、わからん屋スタッフの皆さん、本当にお世話になりました。また来年の春、よろしくお願いします。
ハーモニカ教室の生徒さん、ぜひ次回は出演してみてください。きっと新しい発見があります☆