来週末に行うバンド発表会の事前リハーサルが、スタジオブルでありました。
今回私のサポート出演はベース2曲、ハーモニカ3曲。
ベースは前回ベース歴1ヶ月の身にはあまりにも過酷な内容でしたが、今回は初心者レベルのものを選んでいただいたようでした。それでも、やはり奥が深い楽器。単純なことほど難しいのはどの楽器にも共通しているようです。
しかも、ドラムとともに土台を支える役割ということで、責任も重大!!

ハーモニカの方は「酒バラ」「TAKE FIVE」とロックの曲2曲。
「TAKE FIVE」はドラム教室の小学生Yくんの曲です。前回が「Billie’s Bounce」、その前が「A列車」で、今回が3回目の共演です。
毎回ジャズスタンダードの選曲で、ジャズ勉強中の私としてはありがたい存在。おかげで前回までの2曲は、内容はともかく、晴れてセッションでのレパートリーとなりました。
しかし、今回はかなり難しいです。テーマも難しいですが、ソロが5拍子になかなか馴染めず苦戦中です。込み入ったことをする必要はないと思うのですが、どうしても3拍子っぽくなってしまいます。1週間がんばります。

生徒さんも合計8曲出演予定なので、何人かは私も付き添いをさせていただきました。
ちょっとハプニング?!もありましたが、サポートのギターM先生がうまくまとめてくださったようで一安心。
弾き語りのオブリガートを務めるOさんも、初対面のギター教室Iさんとのコンビネーションはなかなかのもの☆
みなさんの本番が楽しみです♪