嵐山チャリティ音楽祭に出演することになり、1回目の練習会に行ってきました。
メンバーは、ピアノのI先生、ヴォーカルSさん、ベースTさん、ドラムスYさん。Yさんは今回始めてお会いしました。

練習はまずインストの曲から開始。
聴いてくださっていたSさんが「去年よりパワーアップしたね」と言ってくださってうれしかったです。
豪華メンバーで気持ちよく演奏させていただき、いつもより調子がよかったように思います。あとで音源聴きましたが、課題は多いけれど今の実力からするといい方でした。
(でも、本当はどんなメンバーのときでもフロントとしてまわりを引っ張るだけの演奏をしないといけないんですよね~。。まだまだだな。)

とあるジャズスタンダードを演奏したとき(速めの4ビート)、I先生に「4バースはもう1コーラスしてもよかったかも」と言われました。
セッションで演奏するようになって、自分のソロの内容云々より空気を読んだりまわりをまとめたり(取り仕切ったり?!)することの方が難しいし重要ということを知りました。
ということをツイッターでつぶやいたところ、ジャズクロマチック大先輩のFさんよりアドバイスをいただきました。
4バース(ドラムソロ)するときのコーラス数はベースソロのコーラス数が目安になることが多いのだとか。たしかに、このときのベースソロは2コーラスでした、大当たり!!そして、2コーラスするときは最初8バースにするとよいそうです。勉強になりました。
あと、ボサノバでドラムソロをまわすと嫌がる人もいるそうなので注意、とか。幸い今までドラムソロまわすときは4ビートの曲でした。気をつけます。
Fさん、たいへん貴重なアドバイスを本当にありがとうございました。

あと1,2回練習会できるので楽しみです。吹けば吹くほどに課題が膨らんでは行くのですが(苦笑)。一歩ずつがんばります。